憧れの高級住宅地 白金

『シロガネーゼ』って言葉が流行ったこともありました。東京都港区白金または白金台に住む『専業主婦』もしくは、近隣エリアに住んで白金や白金でショッピングや食事を楽しむ女性のことを『シロガネーゼ』といいました。この言葉を流行らせたのは、子どもを持ったママであるなら一度は手にしたことはあるのではないか?!と思われる女性雑誌の【VERY】です。

【VERY】は大好きだと公言する人と、けっ!と小馬鹿にする人とどちらかにくっきり分かれる女性誌だと思います。【VERY】大好きなママなどは、当然定期購読していて、VERYで取り上げられた洋服や小物をお取り寄せしたりイケダンコンテストなる日本一素敵な旦那様に夫(もしくは兄弟)をエントリーさせたりと、アンチ派からすると「くっだらないことよくやってるわ」と鼻で笑うものをトコトン大好きです。大好きじゃないと当然応募などしないはずですし、もちろん子供が幼稚園から小学校へと上がり【VERY】のテーマにちょっと自分の生活環境が違う・・・と思ってきたら、【VERY】のお姉さん雑誌【STORY】へシフトチェンジします。

ちなみに雑誌やメディアなどで、『シロガネーゼ』なる言葉が生まれましたが、古くからその白金や白金台で生活している住民の方々はにわか「シロガネーゼ」に対して冷ややかな見方をしているそうですぞ。。でもそんなことでめげる『シロガネーゼ』もしくは、『シロガネーゼになりたい!』人達ではありませんが・・(笑)

〒108-0072

この郵便番号は港区白金です。ちなみに1丁目から6丁目まであります。そして白金の読み方は「しろかね」です。「しろがね」とは濁りません。なぜ濁らないか?!きちんと理由があるんです。

1.もともと町名の起源となった白金長者(応永年間に白金地区を開墾した柳下上総介)は、白金(しろがね=プラチナ)ではなく、大量の銀(しろかね)を保有していたおんで「白金長者」と呼ばれるようになったということ。

2.それを裏付けるように、『小田原衆所領役帳』では「白銀」と記されていること。

このような歴史的事情を考慮して、昭和44年(1969年)1月1日に白金地区に住居表示が実施された時に、港区が「しろかね」を正式な町名として採用しました。

白金の概要

白金は港区南部に位置しています。そして古川(渋谷川)を隔てて北に南麻布、南は白金台。東は高輪、西は渋谷区恵比寿に接しています。

どの場所も一度は住んでみたい!!という憧れの土地ではないでしょうか?!

白金1丁目3丁目5丁目と奇数の丁目が、準工業地帯の用途指定を受けています。そして白金2丁目4丁目6丁目が主に第一種中高層住居専用地域地帯になっています。(道路沿いは商業地域指定)

南部には聖心女子学院初等科・中等科・高等科及び聖心女子専門学校があります。こちらは皇后美智子様が中等部・高等部をご卒業なられた学校でも有名ですね~

そして、地下鉄の開通もあって白金高輪駅を中心に再開発された【白金アエルシティ】が平成17年(2005年)11月30日に開業しました。

白金は東京23区内の中でも指折りの緑がある地域でもあります。これは江戸時代に大名屋敷があった名残でもあって、財界人などの邸宅ももちろんあります。意外な人な芸能人では、榎本加奈子が白金の出身者です。(実家が白金のお米屋さん)

白金地区内施設

〒108-0071

こちらの〒は港区白金台です。白金台は1丁目から5丁目までになっていて、もちろん白金とおなじく「しろかねだい」と濁りません。

かつてはごく普通の庶民の住宅地でしたが、バブル景気後半頃からオシャレなカフェ・レストランやブティックが目立つようになりました。そしてそれに伴って高級マンションも建設されることになって、今では高級住宅地となっています。

白金台の概要

白金台は港区の西南端に位置しています。西部には渋谷区恵比寿・品川区上大崎・東五反田に隣接していて、東部には高輪。そして北部に白金が接しています。

目黒通りと外苑西通り・桜田通り(国道1号)沿いにマンションなどが立ち並んでいますがその他は閑静な住宅地になっています。

白金台の町内には明治学院があります。

白金台地区内施設と名所

白金台1丁目

白金台2丁目

白金台3丁目

白金台4丁目

白金台5丁目